日記録 2020/10/12〜15

文:金田 信一郎

Amazonベストセラー『がん治療選択』の続編を綴る。

 

10月12日(月・祝)

夜8時、メールが届く。4人部屋で一緒だった患者のTさんからだ。9月25日に食道ガンの全摘手術をして、その直後に病室を訪ねたので、成功したことは知っていた。すでに元気そうに15分ぐらい喋った。だが、水の飲み込みだけがうまくいかないと言っていた。

 

その後、ちょっと連絡が途切れていたが、どうやら体調を崩してしまったらしい。

 

「こんばんは。退院延期。本日まで連続7日間、毎日発熱。抗生物質と解熱剤で対応。血液検査とレントゲンを毎日。CT3回。発熱原因は不明。肺炎、コロナ、術後傷などは異常なし。プリン、がんも、はんぺん、ビスケットは食べられる」

 

箇条書きのメモのようなメール文からも、発熱による苦しさが伝わってくる。退院も延びてしまったようだ。それでも口から食事がとれているのは大きい。点滴で栄養を採るよりも、はるかに体調はいいはずだ。

 

すぐに返答メールを打つ。

 

「食事ができているんですから順調ですよ。決まった時間の発熱だったら、大事ではないと思いますが、原因をはっきりさせたいところですね。まあ、あれだけ病棟が厳重ならば、コロナ感染はありえないと思いますが」

 

少しでも元気が出るような言葉を書いてみる。すると、こんな言葉が返ってきた。

 

「毎日コンビニ行ってます」

 

さすがTさん、熱があろうがベッドにはとどまっていない。

この記事は有料です

会員登録・ログインして記事を読む

Page Top Photo by
http://www.flickr.com/photos/armyengineersnorfolk/4703000338/ by norfolkdistrict (modified by あやえも研究所)
is licensed under a Creative Commons license:
http://creativecommons.org/licenses/by/2.0/deed.en