患者の声を医療に

文:金田 信一郎

ガン治療において、後悔をするような事態だけは、絶対に避けなければならない。臓器切除など不可逆な施術を受けることが多い。そうなれば、もう元の体には戻れないからだ。

だからこそ、医師との信頼関係は極めて重要になる。信頼の上に治療が進まなければ、どうしても後悔の念が生まれやすい。

ガン治療を経験して、その考えを強くし、年間100万人という新規ガン患者に、少しでも早くそのことを伝えたいと思うようになった。治療が終わってからでは、もう手遅れなのだ。

しかし、ガンを告知された人のうち、どれだけの人が混乱の中で的確な情報にアクセスできるだろうか。そこに、もどかしさを感じざるをえない。

そんな時、ニューズウィーク日本版の編集部から、ある元ガン患者を紹介された。渡邊眞佐子、63歳。彼女の話は、私が経験した「納得した治療」とはまったく違う経緯を辿っている。そこに、医療の光を感じたので、ここに記しておく。

渡邊は米ニューズウィークの元編集者で、5年前に胆管ガンを患った。胆管ガンは難治ガンの1つで、生存率が極めて低い。胃ガンや乳ガンと比べると患者数も少ないため、医療情報が少ない。手術も難しく、抗がん剤も効きにくい。だから、患者は情報がない中、孤立してしまう。

渡邊も、厳しい治療を経験することになる。

 

「病院に行くのが楽しかった」

 

それは突然の出来事だった。

2016年秋。血液検査をすると、胆管の数値が高い。

だが、翌週からベルギー旅行に出かける予定がある。夜、友人に電話をかける。

「まあ、帰ってきてからでもいいよね」

この記事は有料です

会員登録・ログインして記事を読む

Page Top Photo by
http://www.flickr.com/photos/armyengineersnorfolk/4703000338/ by norfolkdistrict (modified by あやえも研究所)
is licensed under a Creative Commons license:
http://creativecommons.org/licenses/by/2.0/deed.en