日記録 2020/9/28〜29

文:金田 信一郎

Amazonベストセラー『がん治療選択』の続編を綴る。

9月28日(月)

久しぶりに、柏の葉キャンパス駅に降り立った。

明日の検査に備えて、三井ガーデンホテルで前泊する。1カ月以上にわたって滞在していたホテルだけに、フロントには私のことを認識している人もいる。

チェックインを済ませて部屋に荷物を置くと、午後6時、日差しが傾き始めたころにホテルを出た。そのままホテル裏の沼を通って、巨大な蔦屋書店の中にあるスターバックスでアイスコーヒーを注文し、いくつかの雑誌を手にして席に座る。

 

 

思い返せば、1週間前はまだ入院中だった。

だが、退院してわずか1週間だが、心の中に変化を感じていた。

 

自宅に戻った翌々日のこと。夕方、母の部屋でお茶を飲んでいると、スマホの着信音が鳴った。画面には、東京・蒲田の住職の名前が表示される。

「金田さん、本を読みました」

第一声でそう言うと、私が入院中に出版された、地元・吉祥寺の時計メーカーの創業記について短く感想を言った。

「まあ、私は吉祥寺が縁のない場所なので」

あまりお気に召さなかったようで、口ごもるように数行ほどの言葉を並べた。そして、こう締めくくった。

「金田さん、次は『生きるか死ぬか』をテーマに書いてください」

生きるか死ぬか——。

電話を切ってからも、頭の中でその言葉が繰り返された。残された人生で、やらねばならないことを啓示するような響きがある。

早く文章を書き綴らねば。お茶をすすりながらも、焦燥感が湧いてくる。

この記事は有料です

会員登録・ログインして記事を読む

Page Top Photo by
http://www.flickr.com/photos/armyengineersnorfolk/4703000338/ by norfolkdistrict (modified by あやえも研究所)
is licensed under a Creative Commons license:
http://creativecommons.org/licenses/by/2.0/deed.en