患者が治療を選べるのか?

文:金田 信一郎

近々、『がん治療選択』という拙著が出版される。まさか、こんな本を出すことになるとは思わなかった。

しかも、20万字を軽く超え、これまでの著書の中で最長となった。遅筆で編集者を困らせてきた私が、わずか2カ月で書き上げた。「伝えなければ」という気持ちに後押しされて、筆の勢いが止まらなかった。

「まあ、私には関係ない本だな」

恐らく、そう思う方もいるかと思う。その気持ちはよく分かる。かく言う私も、「関係ない」と思っていたから。

だが、間違いなく、あなたも「関係ある」人生になる。「日本人の2人に1人がガンにかかる」ということは、なんとなく聞いたことがあるだろう。これは、統計上の数字だから動かしようのない事実である。

それでも、多くの人は「ガンは関係ない」と思っている。何度も言うが、私もそうだった。

もし、あなたが運良く「ガンにかからない半数」に入ったとしても、あなたの連れはかかるかもしれない。統計上、どちらかガンになる計算になっている。ついでに言えば、ご両親のどちらかはガンにかかる。子どもが2人いれば、そのどちらかも……。

少し周りを見渡せば、すでにガンになった家族、知人はいるだろう。あなたにもその可能性は近づいている。

別に、脅しをかけるつもりはない。

ただ、私自身がガンにかかることの想像力が欠けていたため、とんでもない事態を迎えてしまった。

だから、みなさんには、ぜひ「備え」をしておいてほしい。ちょっとばかりの「頭の体操」程度でいい。それだけで、劇的に効果がある。それは、ガン治療だけでなく、ほかの医療にも応用できる。いや、人生のクオリティを変えるかもしれない。

ここまで読んで、「本まで買わせるための営業トークか!」と思われる方もいらっしゃるだろう。なので、20万字を読まなくても、その要点をこれから解説していくことにする。闘病記は昨年3月から9月までの、7カ月の記録である。その後、自宅で療養しながら、さまざまな医療関係者とやりとりをする機会が増えて、より深くガン治療について考え、問題を整理することができた。そこで、すでに脱稿した拙著の「続編」をこれから書いていこうと思う。

 

告知までにすべきこと

 

ガン治療で最大のハードルは、自分が「医療選択」することの難しさだ。

その原因の第一に、時間がないことがあげられる。

この記事は有料です

会員登録・ログインして記事を読む

Page Top Photo by
http://www.flickr.com/photos/armyengineersnorfolk/4703000338/ by norfolkdistrict (modified by あやえも研究所)
is licensed under a Creative Commons license:
http://creativecommons.org/licenses/by/2.0/deed.en