無念を綴る

太鼓の憧憬

東浦治 (赤松神踊り保存会会長)

いにしえより四国の山奥で続く「400年の太鼓」。山に打ち響く音を次代に引き継ぐ男は、悲劇の中で「地域」を体得していった。88歳が描く未来図。(文・写真 金田 信一郎)

この記事は有料です

会員登録(無料)して、この記事のみ購入する